一冊の雑誌が出来るまでにかかる時間や労力

雑誌を作ろう!一冊の雑誌ができるまで

>

作成するのにどんな労力がかかるのか

商業誌を作成する場合に生じる労力とは

商業誌を作る場合、一見、多くの人がかかわる上に機械を用いることも多いため、簡単なように見えるでしょう。
しかしそうではありません。
企画の段階で、色んな人が関わります。
それぞれが様々な思いれを持って企画するため、話をまとめるのも一苦労です。
多くの人を集めるのですから、人を集めるための雑務も増えます。
リモートで行う場合でも回線の安定を図るため、見えないところで労力を使っている人もいます。
また記事作成もそうです。
何度も手直しをするだけでなく、それに必要な情報を得るため、出向いて確認すべき事柄も出てきます。
頭だけでなく行動もしなければならないこともあるため、労力もかかります。
また校正も同じです。
1人で行っているように見える校正も、チームワークが必要になるため労力を使います。
こうして製本されるまで多くの技術を必要とするのです。

個人雑誌を作成するときに生じる労力

個人雑誌を作る際も様々な労力が必要です。
まずは行動力が必要となります。
雑誌を作るのにどんなものを作るのか、その材料集めのために情報収集が必要になるでしょう。
このほか雑誌作りに必要な紙、ホチキスといった素材も収集する必要があります。
基本的な労力以外にも、記事作成の際に自分で作った文章がおかしな点はないか、これを調べるための労力もかかります。
自分だけの雑誌として作るにしても、数年後、見返したときに恥ずかしくないためには文章構成にも配慮しておくべきでしょう。
そうなると自分で見返すだけでなく、校正のためにプロに依頼することも検討しておくのがベストといえるでしょう。
記事を作成したあと、製本作業があります。
紙の大きさを揃え、ホチキスなどでまとめるといった作業にも労力がかかります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る